一時払い個人年金保険についての記事紹介

スポンサードリンク

一時払い個人年金保険のことがなんとなく気になりませんか?

Q:一時払い終身保険の解約返戻金に対する税金について質問致します。保険期間5年超の契約を5年以内に解約した解約返戻金を契約者が受け取った場合、預貯金と同じように20%源泉分離課税となる。(例:一時払いの養老保険や一時払い変額保険(有期型)、一時払い個人年金保険など)このような文章を見たのですが、一時払い終身保険は該当しないのでしょうか?手元にある一時払い終身保険のパンフレットには、一時所得である事は書かれていますが、分離課税については書かれていません。5年以内に解約しても、分離課税は掛からないと解釈して間違いないでしょうか?よろしくお願い致します。
A:終身保険は該当しません、個人年金の終身年金タイプも同じです。元々期間を決めずに加入しているものに対しては解約金は一時所得として課税されます。(利益50万までは非課税)正式な文章などのサイトは知りませんし、証拠は出せませんが・・・FPとしてそのように記憶しているといった程度の情報です。他の回答者の方が正式な情報をお持ちなら良いですね。パンフレット通り間違いはないと理解してください。
スポンサードリンク
新着記事

関連記事



WordPressテーマ「Dynamic」

カレンダー

2014年12月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る